入倉伸夫のシニアライフⅡ

         学び合い 〔仲間募集〕 ℡ 048-432-1433

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
八幡橋、橋の西側土手中段から見る b (美女木7-19-16
 

f:id:irikuranobuo:20211129105748j:plain

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
八幡橋、橋の西側土手中段から見る a (美女木7-19-16
 

f:id:irikuranobuo:20211128085945j:plain

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
八幡橋、橋の西側土手下段から見る ③ (美女木7-19-16
 

f:id:irikuranobuo:20211127102549j:plain

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
八幡橋、橋の西側土手下段から見る ② (美女木7-19-16
 

f:id:irikuranobuo:20211126085247j:plain

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
八幡橋、橋の西側土手下段から見る ① (美女木7-19-16
 

f:id:irikuranobuo:20211125090014j:plain


 
 
 

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
 

f:id:irikuranobuo:20211124050254j:plain

 

蕨、戸田、川口、鳩ヶ谷の古を考えるー補助として

中山道、17号国道以外の

 
蕨付近に古くからあったと思われる道をたどる》
 
 ”戸田市域を流れた旧荒川沿いの旧堤を探る”
 
旧荒川沿いの旧提は笹目神社、聖橋付近から北西に延びていますが、近代・明治以降にその旧提に、ほぼ沿って(さいたま市内谷1丁目と戸田市美女木8丁目の境へ)「荒川左岸排水路」が造られていますので、それをたどって見て行きます
 
 

f:id:irikuranobuo:20211123093705j:plain

f:id:irikuranobuo:20211123093805j:plain